競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【秋山真一郎騎手】ナイスチョイス
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年08月23日(金)更新

【秋山真一郎騎手】ナイスチョイス

先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。


秋山騎手とのコンビで昨年のアイビスSDを勝ち、昨年の北九州記念でも2着と好走していたのですが、その後は調子を崩していました。久々のコンビ結成となった今回、鮮やかに復活を遂げたのです。


ここで気になったのは同日の新潟メインのNST賞(ダ1200m)に出走したブルミラコロの存在です。


というのはデビューからずっと手綱を取り続けているように秋山騎手のお気に入りのお手馬だったからです。2走前は落馬負傷で乗れなかっただけで、この馬を手放すのは今回が初めてだったからです。


しかも、秋山騎手は17年の根岸Sを勝つカフジテイクをお手馬にしている時期もあったのですが、16年の河原町Sでカフジテイクとブルミラコロが被り、どちらかを選ばなければならなかったときも迷わずブルミラコロを選んだという噂です。そこまで思い入れのある馬を降りたということは、それだけダイメイプリンセスの可能性を感じていたということでしょう。


前半3ハロン32.7秒というハイペースをみながら、中団で脚を溜め、直線大外から力強く突き抜けた騎乗ぶりもお見事でしたが、それと同じくらいレース前の騎乗馬の選択も見事だったといえるのではないでしょうか。


樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN