競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【新潟2歳S】ここでも魅せた抜群の切れ味 ウーマンズハートが圧巻の2連勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた横山典騎手。先々週の京成杯AHのトロワゼトワルの...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年08月25日(日)更新

【新潟2歳S】ここでも魅せた抜群の切れ味 ウーマンズハートが圧巻の2連勝!

ニュース提供:競馬ラボ

ウーマンズハート

8月25日(日)、2回新潟10日目11Rで第39回新潟2歳ステークス(G3)(芝1600m)が行なわれ、藤岡康太騎手騎乗の1番人気・ウーマンズハート(牝2、栗東・西浦厩舎)が優勝。中団でうまく折り合って流れに乗ると、直線ではふらつく若さを見せながらグイグイ脚を伸ばして差し切った。勝ちタイムは1:35.0(良)。

2着には半馬身差で3番人気・ペールエール(牡2、栗東・安田隆厩舎)、3着には1馬身3/4差で8番人気・ビッククインバイオ(牝2、美浦・牧厩舎)が続いて入線した。

勝ったウーマンズハートは、マイル以上の2歳新馬戦では歴代最速タイとなる32秒0の上がりをマーク。それが評価されてこのレースも抜けた1番人気に支持されたが、その期待に応える末脚を再び披露。母系には香港の快速馬ラッキーナイン、息の長い活躍を見せるティーハーフ、サドンストームがいるスプリント色の強い血統だが、距離適性の広いハーツクライの血も味方に、この馬はマイルで2連勝。今後どのような成長を見せるか非常に楽しみだ。
馬主はゴドルフィン、生産者は日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

新潟2歳ステークスの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ウーマンズハート
  • (牝2、栗東・西浦厩舎)
  • 父:ハーツクライ
  • 母:レディオブパーシャ
  • 母父:Shamardal
  • 通算成績:2戦2勝
  • 重賞勝利:
  • 19年新潟2歳S(G3)

ウーマンズハート
ウーマンズハート

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。